とみほび
江尻立真先生&日本橋ヨヲコ先生&羽海野チカ先生を密かに応援するブログ あとぷよぷよも

プロフィール

モクバ君

Author:モクバ君
◇◆1日100ユニークアクセス記念◆◇
アクセスカウンタ設置致しました
今後とも宜しくお願いします

8/12 変なコメント一掃しました



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぷよの日にぷよm@sはいかがですか

2日遅れましたが笑

ぷよm@sの予告編見て
震えて叫んで心臓が鳴り止みません

何度もこのサイトで叫んできました


「ぷよm@sを観てくれ」



初代ぷよぷよというシンプルなゲームを中心に繰り広げられる群像劇

とにかく構成が究極。

緻密に散りばめられた伏線

更にぷよm@sは
キャラクター達がまるで生きているようなんです
そして僕はその成長こそが
この最高のストーリーの見所だと思います

互いが互いに影響し合い
1人1人の思惑が育ち
そして全てが繋がって大きなうねりになる

言うならば
ニコニコ界の少女ファイト

こんなの纏めきれるタラPはおかしいんですよ
面白く無いわけがないじゃないですか


そしてそのうねりの中心にいるのは

紛れもなく第1部主人公の美希と第2部主人公の千早

他の人達(春香、亜美真美、やよい、律子、真)のぷよぷよは
この2人がトリガーになっているんです

この作り方が完全に僕のツボ

自分でストイックになれる人なんて、そんなに多くは無いと思うんですよ。

それは天才の部類だと思います。

果たして第3部の主人公は誰なのかという話にもつながるのですが

天才に惹かれていく凡人


これこそがリアル



あくまで一般的見地から物語に関わる真
主人公としては作りやすいのでは?
何せ感情移入がし易い。

真のぷよへの理由付けは
美希のように必ずしも勝ちに拘ったものでは無く
魅せるプレイ、楽しいプレイを目指すようなところがあります

とはいえ当然主人公なら
それこそ美希千早にある程度勝てる必要があります

しかし、カウンター戦法を主人公に据えて物語をつくるとなると、実に難しい

勝てたらかっこいいが、まず勝てない。

不意打ちならともかくカウンターで安定して勝てるのは
主に赤玉3個に収まる連鎖

つまり、カウンター戦法がバレれば相手は送るぷよを増やすだけでほぼ勝ちが確定します

すなわち連鎖の延ばしやすい5連鎖、4連鎖ダブルは相手にし辛い
デスタワーも増やすの一瞬ですしね

相手に依存する戦法なだけに
やはり勝てる相手そのものが限られてくるのがカウンター


個人的には、次の作戦しか思い付かない。

もし、カウンターと起爆の選択を可能にする積み方が出来れば(リバーシブルなど)

相手が連鎖を増やそうとする間に先打ちも可能ですね


デスタワーのような"型"を作って

安定して組めたら本当に凄いですけど……



相手は
?即打ち
?延ばして打ち

の2択を迫られるわけですからね

それに対して真側は
?先に完成
⇒発火(敵も5連鎖なら勝ち)
?発火されたけど赤玉3個以内
⇒カウンターで逆転勝利
?発火されて量も赤玉3個以上
⇒どうしようもない


しかし、ことデスタワーや致死2連鎖に於いては

?向こうが発火しない(ただひたすら延ばす)
⇒真が5連鎖打てばデスタワーでカウンター出来て
打たなければそのまま致死量にして美希の勝ち


というケースも考えられます。
これはぷよの引きを無視した考え方ですが

美希側が有利過ぎます。

やはり、なかなか勝てそうに無いカウンター戦法


しかし個人的にはこの駆け引きは
今までのぷよm@sには無かったものです

まだまだ面白さがあるものですね

美希の興奮する姿が目に浮かびます

これからは凝の体得も必須になってきますし


そういう意味で話は作りやすいかな?



問題はそんな型が安定して成り立つのかという事

その一点だと思われます。

しかしデスタワーという戦法を確立したタラPなら
やってくれる事を信じましょう笑



さて、とはいえまだ第3部の主人公が真と決まったわけではありません

絶賛修行中の春香がいます。

しかし春香はまだ謎が多く
成長から伏線回収にかかる時間を鑑みると
まだ3部では出番ないかな?という予想

とにかく予告編を見る限り
春香もまた、美希に惹かれる1人

あの言葉を言わせたのが誰なのかが気になるところです




あぁ、なんて面白いんだぷよm@s

こんな妄想してるだけで楽しすぎます

しかもこれがまだ話の終盤でもないという事実

これからいったいどれだけのワクワクをタラPは僕達にくれるのだろうか


自分は全く持って幸せと言わざるを得ない。






亜美
「ちょっ……このランキング表って……!?」
「ウソでしょ!?」
「んっふっふ~。」
「ついに!ついにこの日が来た!」

雪歩
「楽しい……楽しい!
掘っても掘っても
おじゃまぷよが降ってくる!」

やよい
「ううん『バーサーカー』はつかわないよ」
「え、だって……じゃあ、なにを?」
「まさか……」
「うん……『デスタワー』ならもう覚えたよ」


伊織
「バカにするのもいい加減にしなさいよ!」
「わかったわ……」
「私も本気で練習してやろうじゃないの……目にものみせてくれるわよ、あんたたち!」

あずさ
「あずささんの最下位……
いえ、下を押さないプレイって
わざとですよね?
他の子たちの誰かを
最下位にするのはかわいそうだから、わざとああいう闘い方をしているんでしょう?」
「……ふふ。プロデューサーさんの中では、私ってずいぶん大人な女性なんですね」


真美
(亜美、そのぷよそこじゃないっしょ……?)
(あ、またちぎらなくてもいいところで……)
(これ……亜美ってやっぱり真美より弱い……?)


律子
(見せてあげるわ、千早……私の『究極連鎖方』を!)



「ボクの連鎖方は……5連鎖だしゴミも多いし、まだ速く積むこともできない」
「え?それって……ぜんぜんダメってことじゃ……」


千早
「ごめんなさい…ごめんなさい
私プロデューサーに迷惑をかけてしまって」
「……いいじゃないか
そんなに悲しいことがあったんだ
……そんなときくらい人を使ったっていい」
「……!」
「……俺の胸でよければいくらでも貸すぞ」
「プロデューサー!プロデューサー…」


春香
(……美希に勝ちたい
ううんちがうせめて美希と同じところまで昇りたい
[厳]しいと思ったことに全力で向かう美希――
あの子と同じところまで)

[辛]いなんて馬鹿馬鹿しい
たかがゲームなんて
もう二度と思わない……!)


美希
「どうして俺なんかとぷよぷよをしたがるんだ美希?」

「美希ね……最近変なんだ
人を見ると、わかっちゃうの
その人が、どれくらいぷよぷよ強いか」

「…他人の強さがわかるだと?
そんな話、信じちゃいないが……
つまり美希からみたら、俺がぷよぷよの上級者に見えるってか?」

「上級者?冗談でしょ
"化け物"だよプロデューサーは」



軽く10回はループですね
ところどころ文字がつぶれて見えなかったので[]で括りました




これを見る限り
真美の研究熱心な性格が亜美と実力を分けてきているようですね

実際にこうなるであろう予測を立てていたサイト様もありましたが
まさにその通りに……すごい。



春香、千早も壁にぶつかって

あずささんはまだ力を隠し持ってそう(美希に診てもらえばいいじゃん)

やよいはデスタワーBを会得

デスタワーBというと
ツインタワー?
鏡タワー?
挟みこんだタワーの事かも

いや、実際デスタワーは初心者にはおすすめですよ。
ベーシックなやつなら
仕組み理解したらあとは作業的ですし

雪歩はなんかよくわからん
ヘルファイアからあの台詞になる理由が謎

伊織は本気ペチペチをやりだすようで
非常に鬱陶しいですね
実際2ダブとか3連鎖連打は強いし。


律子はついに完成した模様


美希は人外の能力を取得


Pは


化け物

マジ化け物怖すぎる
有り得ない
美希に10連勝は無理。

小鳥さんと千早の両画面見ながら状況把握する姿は確かに異常でしたけど

美希に10連勝は完全にイってる




恐怖を胸に抱いて、それでは

さようなら
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://mokubakun.blog25.fc2.com/tb.php/460-63f58e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。